TOP > アルミニウム > アルミニウム合金の種類と特徴

メディア

アルミニウム合金の種類と特徴

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アルミニウム合金の種類と特徴

【純アルミニウム(1000系アルミニウムとは?】

1000系アルミニウムとは純度99.00%以上の純アルミニウム系の材料です。
この系の材料はアルミニウムの純度が高い為、加工性や放熱性、導電性に優れていますが、強度が低いので、
構造材には適しません。

【Al-Cu系合金(2000系アルミニウム合金とは?】

2000系アルミニウム合金とは、主にCu(銅)を添加し、鋼材に匹敵する強度を持った合金で、
ジュラルミン、超ジュラルミンと呼ばれる2017、2024が代表的な合金です。強度がある一方、耐食性や
溶接性に劣る事が難点です。

【Al-Mn系合金(3000系アルミニウム合金とは?】

3000系アルミニウム合金とは、主にMn(マンガン)を添加し、純アルミニウムの強度を高めたアルミニウム合金です。
純アルミニウムに比べても加工性、耐食性を低下させる事無く、強度と溶接性を高めたアルミニウム合金です。

【Al-Si系合金(4000系アルミニウム合金とは?)】

4000系アルミニウム合金とは、主にSi(シリコン)を添加し、耐熱性、耐摩耗性に優れた合金です。
膨張性も少ない事から鍛造ピストン材料等に使用されています。

【Al-Mg系合金(5000系アルミニウム合金とは?】

5000系アルミニウム合金とは、主にMg(マグネシウム)を添加した合金で、アルミニウム合金の中では
非常にメジャーな合金です。その為、用途は多岐に渡ります。Mgの含有量が多くなると、比熱処理合金の中では
非常に高い強度を持ち、溶接性も良好である為、溶接構造材として船舶や車両、化学プラント等に使用されています。

【Al-Mg-Si系合金(6000系アルミニウム合金とは?】

6000系アルミニウム合金とは、主にMg(マグネシウム)とSi(シリコン)を添加し、純アルミニウムの強度を増加させた
アルミニウム合金です。この合金系は強度、耐食性に優れており、微量なCu(銅)を添加する事により強度を上げた6061材や
優れた押出性を備え、建築用サッシに使用される6063材等があります。

【Al-Zn-Mg系合金(7000系アルミニウム合金とは?】

7000系アルミニウム合金とは、主にZn(亜鉛)とMg(マグネシウム)を添加したAl-Zn-Mg系合金と、それにCu(銅)を加えた
Al-Zn-Mg-Cu系合金に大別されます。Al-Zn-Mg-Cu系合金はアルミニウム合金のなかで最も高い強度を持ち、その代表的な
物は超々ジュラルミンと呼ばれる7075で、航空機の部品やスポーツ用品に使われています。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%{TEMPLATEC2FOOTER}%